1. TOP
  2. 虫歯にならない
  3. 虫歯にならないお菓子や食べ物で子供の歯を守る! 幼児期までの上手な与え方

虫歯にならないお菓子や食べ物で子供の歯を守る! 幼児期までの上手な与え方

虫歯にならない
この記事は約 5 分で読めます。

パパやママにとって、子供の歯に虫歯ができてしまうことは大きな心配の種ですよね。仕上げ磨きの時に小さな虫歯を見つけて「毎日きちんと磨いているのに、どうして?」とびっくりしてしまう人も多いですが、これには日頃の食生活が深く関係しています。
子供が一生虫歯で困らない歯を持つことができるかどうかは、幼児期までのおやつの与え方が大きく関係しています。
もちろん、それ以前にパパとママの口の中に虫歯がなく、子供に口移しでものを食べさせたり、同じ箸やスプーンを共有したりしていないということを守る必要があります

子供の歯を守るために積極的に食べさせたいもの、逆に避けたほうが良いものをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。幼児期のおやつの選び方や与え方を知り、大切な子供の歯を守ってあげましょう。

幼児期に市販のお菓子を避けるべき理由

スーパーに行くと、甘いチョコレートやスナック菓子などが大量に売られています。これらは袋を開ければ簡単に与えることができ、子供も「おいしい」と喜んで食べますが、虫歯のない歯を作ってあげたいのであれば、せめて3歳のお誕生日を迎える頃まではあげないようにしましょう。

なぜ「3歳までは避けるべき」なのかというと、虫歯の原因となるミュータンス菌は生後1歳7ヶ月~2歳7ヶ月までの間が最も感染しやすい時期だからです。

口の中に虫歯ができる時には、食べ物に含まれていた糖分をエサとしてミュータンス菌が酸を作り出し、これによって歯の表面が溶け始めるということが起こっています。ですから、虫歯を予防するためには酸を作る原因となる食べ物を避けることが大切。

砂糖をたっぷりと使った甘いお菓子は、あまり子供に与えないようにしましょう。特に、いつまでも歯にくっついて離れないキャラメルのようなお菓子は最悪です。

ただ、これだけたくさんのお菓子が世の中にあふれている時代に全く食べさせないというのも無理があるので「甘いお菓子はたまのご褒美」にするなど、食べる回数を減らす工夫をしてみましょう
もちろん、この時期を過ぎても砂糖を含むものを食べればミュータンス菌には感染します。
しかし、その時期が遅ければ遅いほど、口の中に居座れる菌の数が少なくなるので、結果的に虫歯になりにくい歯を手に入れることができるわけです。中には、ほとんど歯を磨かないのに、全く虫歯ができないという大人もいますよ。

子供のおやつには「食事だけでは取きれない栄養を補う」という役割もあるので、ふかしたおイモやおにぎりなどを食べさせてあげましょう。飲み物は、甘いジュースではなく麦茶やお水がおすすめです。
市販品に比べると少々割高ですが、歯医者さんが原料にこだわって考案した「虫歯にならないお菓子」を買い置きしておくのも一つの方法です。

口の中の環境を整えてくれるアルカリ性食品

では、逆に口の中を良い環境に整えてくれる食べ物とは何でしょうか? 答は、野菜や果物などの「アルカリ性食品」です。

こまめに歯磨きしてもすぐに虫歯ができてしまう人がいる一方で、ほとんど歯を磨かないのに虫歯ができない人もいますが、このような人は口の中が唾液でアルカリ性に保たれているため、食事をしても短時間で口内が中和され、酸ができにくいのですね。

日頃から野菜や果物を積極的に取り入れた食生活を送っていると、体が自然とアルカリ性に傾いていきます。小さな子供はまだ味覚が発達しておらず「野菜は苦いから食べたくない」とだだをこねることもあると思いますが、細かく刻んでハンバーグに入れたり、かわいく型抜きしてあげたりしながら上手に食べさせてあげましょう。

果物は甘いのに虫歯にならないの?

「果物を食べて虫歯予防しましょう」と言われると「あんな甘いものを食べさせて大丈夫?」と不安になるパパやママもいると思いますが、結論から申し上げますと、果物には「果糖」が含まれているので、食べ過ぎればやはり虫歯になります。

しかし、果物に含まれる糖分は砂糖とは違った性質のものなので、極端に多くの量を食べさせたり、ずっと口の中に入れっぱなしにしたり(たまに、こういう癖のある子供がいますよね)しない限り、まず大丈夫

水分と繊維質が多いので歯にくっつくこともありませんが、歯と歯の間に挟まったものを放置すると虫歯の原因になるので、食後の歯磨きやフロスはこまめに行うようにしましょう。

歯医者さんが考えた虫歯にならないお菓子

甘いお菓子が子供の歯に良くないことは分かっていても、他の子が食べているのを見れば欲しがるし、なにがなんでも禁止というのは難しいですよね。

そんな時に便利なのが、歯医者さんが考えた「虫歯にならないお菓子」。原料にこだわっているので値段は高めですが、飴やチョコレート、ガム、グミ、ラムネなどのお菓子を安心して与えることができるので、いざという時のために買っておくと良いでしょう。

「虫歯にならないお菓子」には、歯を丈夫にする「キシリトール」が含まれており、おいしく食べながら口の中の環境を整えてくれます。キシリトールは酸を作らない甘味料なので虫歯の原因になりにくいし、万が一虫歯ができてしまっても、歯の再石灰化を促してそれ以上の進行を防いでくれるという効果が期待できますよ。

おわりに

虫歯にならないお菓子・食べ物について、いかがでしたか? 100%安心とは言い切れないものの、3歳頃までにできるだけミュータンス菌に感染させない工夫をすれば、子供の歯を守れる可能性はぐんと高くなります。

よく「体が酸性になると細胞が錆び始める」といいますが、それは口の中においても同じ。砂糖たっぷりの甘いものや肉類ばかり食べていると口内環境が悪くなってしまうので、子供にはアルカリ性食品である野菜や果物を積極的に食べさせるようにしましょう。
パパとママの菌を移さないようにしたり、おやつの与え方に気を配ったりして、虫歯になりにくい健康な歯を作ってあげましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

赤ちゃんや子供の歯磨きに関する悩みを解決!|こどもはみがき研究所の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

赤ちゃんや子供の歯磨きに関する悩みを解決!|こどもはみがき研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

こどもはみがき研究所運営事務局

この人が書いた記事  記事一覧

  • 娘が大の歯磨き嫌いを1日で克服!虫歯+風邪予防もできるママタレ愛用のスーパー○○が話題!

  • 子供の乳歯を記念に残したい!おすすめの乳歯ケース人気5選

  • 【現役医師に聞いた】歯医者が恐い子供を克服させる方法教えてもらいました

  • 歯医者が恐い子供…でも虫歯だらけの歯を放置するとどうなるの…?

関連記事

  • 虫歯にならない赤ちゃんにする! パパとママが気を付けたい3つのこと

  • 【写真画像あり】2歳児虫歯の治療法と歯医者の探し方まとめ

  • 赤ちゃんの歯磨き「ガーゼ」「フッ素」「ジェル」はいつから?

  • アイスクリームは甘いのに意外と虫歯にならない!? その理由と上手な与え方

  • 要注意乳歯、要観察歯と診断されたときの対処法

  • 赤ちゃんが歯ブラシを嫌がらないために知っておく4つのポイント