1. TOP
  2. 乳歯と虫歯
  3. 【注意!】意外と知らない乳歯のグラグラは危険サイン

【注意!】意外と知らない乳歯のグラグラは危険サイン

永久歯への生え変わりの時期ではないのに子供の乳歯がグラグラしていませんか?
同時に歯茎が腫れたり、歯が変色したりしてはいませんか?
実は乳歯のグラグラは永久歯への生え変わりだけではなく、虫歯が原因のこともあります。
意外と知らない乳歯のグラグラの危険サインをご紹介します。

乳歯がグラグラ!歯茎も腫れてるのはなぜ?

■永久歯が歯茎の中で待機している

乳歯から永久歯へ生え変わる時期は、乳歯がグラグラとして抜けようとしている一方、歯茎の中で永久歯が待機しています。
この状態を歯茎が腫れていると心配してしまう方もいますが、永久歯が歯茎の中で待機しているだけなので安心してください。
永久歯が生えてきたら歯茎の腫れは治まります。

■虫歯の根っこの先に膿が溜まっている(感染根管(かんせんこんかん))

乳歯から永久歯への生え変わりの時期でないときに、歯がグラグラして歯茎が腫れている場合は感染根管(かんせんこんかん)であると考えられます。
感染根管とは虫歯の放置などにより、根っこの先に膿がたまってしまっている状態です。
この膿が原因で、歯の根っこの周辺まで炎症が起きてしまうと歯がグラグラすることがあります。
そして膿が溜まっていくと、歯茎にニキビのようなものができ、腫れてしまうことがあります。

%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%ab%e5%87%ba%e5%85%b8%ef%bc%9a%e3%81%8b%e3%81%be%e3%81%8f%e3%82%89%e6%ad%af%e7%a7%91
出典:かまくら歯科
このようなできものをフィステルといいます。これを治していくには虫歯を治し、溜まってしまった膿を取り除いていかなければなりません。
もし、生え変わりの時期ではない時にグラグラしてしまったら、歯医者に行って診てもらいましょう。

ライター紹介 ライター一覧

こどもはみがき研究所運営事務局

この人が書いた記事  記事一覧

  • 娘が大の歯磨き嫌いを1日で克服!虫歯+風邪予防もできるママタレ愛用のスーパー○○が話題!

  • 子供の乳歯を記念に残したい!おすすめの乳歯ケース人気5選

  • 【現役医師に聞いた】歯医者が恐い子供を克服させる方法教えてもらいました

  • 歯医者が恐い子供…でも虫歯だらけの歯を放置するとどうなるの…?

関連記事

  • 出産後は絶対注目!赤ちゃんはいつから歯医者に連れていけるか

  • 赤ちゃんの歯並びで知っておきたい3つのポイント~すきっぱ大丈夫?

  • これで失敗しない!子供の虫歯予防法3つ!

  • 赤ちゃんの前歯のために知っておきたい3つの知識

  • 赤ちゃんが歯磨きを嫌がらないポイント3つ

  • 赤ちゃんが歯ブラシを嫌がらないために知っておく4つのポイント