1. TOP
  2. 乳歯と虫歯
  3. 歯磨きは回数より質!?歯磨きの時に必ず意識したいポイント3つ

歯磨きは回数より質!?歯磨きの時に必ず意識したいポイント3つ

歯磨きの回数を増やしても、同じところばかり磨いていては意味がないってご存知でしたか?これから紹介する3つのポイントを実践して、回数だけではない質の高い歯磨きマスターし、虫歯を予防しましょう。

赤ちゃんは寝る前に1日1回で大丈夫

1歳くらいの段階は夜寝る前1日1回歯磨きをすれば大丈夫と言われています。
なぜなら、生えている歯の本数に対して、唾液が多く分泌されるためです。
唾液には自浄作用があり、口内を清潔にしてくれる働きをしています。そのため、1日1回歯磨きをすれば大丈夫です。

最初は湿らせたガーゼを使用し、歯を触ってあげる程度に磨いてあげます。
この時期に口の中に食べ物以外のものを入れることに慣れさせてあげると、今後歯ブラシを使うときにいやがらないようになり、虫歯予防の基礎ができます
初めから歯ブラシを使用してしまうと赤ちゃんもびっくりしてしまうので、まずはガーゼ磨きからはじめましょう。

また、歯を磨くときは短い時間で磨くように心掛け、口の中に食べ物以外の物が入る訓練という感覚で徐々に慣らしていきましょう。

%e5%ad%90%e3%81%a9%e3%82%82%e4%b9%b3%e6%ad%af%e6%ad%af%e7%a3%a8%e3%81%8d%ef%bc%91

ガーゼ磨きの時から使える歯磨き粉がこれ!

奥歯が生えてきたら1日3回磨こう

奥歯が生えてくる1歳半ごろから、歯磨きの回数は1日3回行うことが理想とされています。
1歳半から3歳までは「感染の窓」という時期になっており、虫歯菌に感染がしやすい時期と言われています。
とくに奥歯は磨き残しができ、食べかすが口内に残りやすいです。
そのため、毎食後、歯に食べかすが残らないように歯を磨くことが大切です。
虫歯は、食後に歯を磨かないと蓄積した歯垢中の細菌によって糖質が分解され酸が作り出されます。

%e2%91%a1%e6%ad%af%e7%a3%a8%e3%81%8d-%e5%9b%9e%e6%95%b0%e9%8e%8c%e7%94%b02
出典:目で見るお口の百科 家庭の歯学/クインテッセンス出版株式会社

この発生した酸によって、歯が溶け出す「脱灰」を引き起こすと言われているため、毎食後の歯磨きを推奨しています。
また、歯磨き前にうがいをすると、大きな食べカスを取り除くことができます。
また、口の中にいる細菌の増殖を防ぐためにうがいで一度洗い流してから、うがいでは落とせなかった汚れを歯ブラシで落とすと、より効果的です。

質の高い歯磨きをしよう

まれに1日5回歯を磨いているという方がいますが、磨けば磨くほど虫歯が防げるとは限りません。
磨き残しがあるなどの質の低い歯磨きをしていると1日に何度磨いても虫歯になってしまいます。そのため、質の高い歯磨きを心がけましょう。歯磨きで、きちんと食べかすや汚れが落とせているかどうかが重要です。
歯磨きの質を高める4つのポイントをご紹介します。

お母さん大絶賛!「私はこれで子供の歯磨きを習慣にしました」

順番を決めて磨く

順番を決めて磨くことで磨き忘れを防ぐことができます。このように裏側、表側、かみ合わせ面の部分と流れを決めておくとよいでしょう。

%e2%91%a1%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93-%e6%ad%af%e7%a3%a8%e3%81%8d-%e3%81%84%e3%81%a4%e3%81%8b%e3%82%892%e9%8e%8c%e7%94%b0

出典:おやこCAN 特集:大切にしたい!子どもの歯/学研

磨くときは歯と歯の間と奥歯に注意する

全体的に虫歯になりやすいのは歯と歯の間だと言われています。そのため、歯と歯の間は常に注意して磨きましょう。また、奥歯は歯ブラシが届きにくいため、虫歯菌がたまりやすいです。奥歯が生えてきたら歯ブラシの毛先を使用し、ブラッシングしましょう。

%e2%91%a1%e6%ad%af%e7%a3%a8%e3%81%8d-%e5%9b%9e%e6%95%b0%e9%8e%8c%e7%94%b01

出典:目で見るお口の百科 家庭の歯学/クインテッセンス出版株式会社

寝る前は一番丁寧に磨く

寝ている間は一番唾液の分泌量が少なくなるため、口内の細菌が増殖しやすい時間になります。
そのため、寝る前にしっかりと食べかすを取っておかないと、虫歯になってしまいます。
寝る前は特に丁寧を心がけて磨きましょう。

食後に必ず水を飲む

生活していて昼間やおやつの時間帯に歯磨きができない場面も多くあると思います。
そういった際は食後に水やお茶を飲むだけでも口内の大きな食べかすであれば流すことができます。
そのため、食後に水やお茶を飲むことを習慣づけておきましょう。

まとめ

歯磨きの回数は奥歯が生えてからは1日3回が理想です。
また丁寧に磨くことを心がけましょう。そして磨けない際はうがいをしたり、水を飲んで食べかすを流すように習慣づけましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

赤ちゃんや子供の歯磨きに関する悩みを解決!|こどもはみがき研究所の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

赤ちゃんや子供の歯磨きに関する悩みを解決!|こどもはみがき研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

こどもはみがき研究所運営事務局

この人が書いた記事  記事一覧

  • 寺田心くんの虫歯対策がスゴイ?子持ちのママ必見です!

  • 娘が大の歯磨き嫌いを1日で克服!虫歯予防ができるママタレ愛用のスーパー○○が話題!

  • 【インスタで話題】歯磨き嫌いでギャン泣きしていた1歳児が・・・

  • 天才!志村どうぶつ園で相葉雅紀くんも絶句!ペットの歯周病を放置すると恐ろしいことに…

関連記事

  • 虫歯にならない甘味料とは? 代表的な種類とその特徴について

  • ママ必見!歯磨きをしない子供への対処法

  • 虫歯にならない人がいる理由とは? ママやパパが気を付けたいこと

  • 【2017最新版】歯磨きの歌動画ベスト15~赤ちゃんやお母さんに大人気!アンパンマン、はなかっぱやしまじろうと歯磨き~

  • 【現役歯科医師に聞いた】ブリアン歯磨き粉の効果とお母さんたちの口コミ

  • 虫歯になりやすい人必見!虫歯になりにくくするための予防法