1. TOP
  2. 未分類
  3. 子供の歯茎(歯ぐき)に口内炎!原因と治し方は?

子供の歯茎(歯ぐき)に口内炎!原因と治し方は?

未分類
この記事は約 5 分で読めます。

子供の歯茎に口内炎ができてしまった。口内炎の原因は何なのか、病院は何科へ行けばいいか、口内炎を自宅で治すにはどんな方法で治せばいいのか、をご紹介します。

子供の歯茎にできた口内炎の原因とは

子供の歯茎に口内炎ができることがあります。通常の口内炎は免疫力の低下やビタミン不足、体調不良、口内の傷が原因ですが、歯茎の口内炎の原因はそれ以外にも原因があります。
アレルギー性のもの、ヘルペス性歯肉口内炎、お口の中が清潔でないことの3つが大きな原因です。歯ぐきの口内炎について詳しく説明いたします。

■アレルギー
食べ物や金属の詰め物、歯磨き粉などにアレルギー性物質が含まれていることがあります。アレルギーを持っていると、それらが口内に触れることで、水泡のような口内炎ができてしまいます。その後、口の中がアレルギー反応により広範囲でただれたり、腫れたりします。広範囲に広がってしまうと、歯茎が腫れてしまうため、ちゃんと歯磨きもできません。
子供の歯ぐきが広範囲でただれてしまっていたら、まずはアレルギーを疑い、アレルギーの原因を調べることが必要です。

■ヘルペス性歯肉口内炎
生後6ヶ月頃から3歳までの約1割程度の子供に発症します。急に39度近い発熱をしたあと2,3日後くらいに口内炎が多数出現し、歯ぐきが赤く腫れてきます。口の周りの皮膚に水泡ができることもあります。歯磨きをすると出血します。
発熱は2~5日続き、痛みは5~7日、症状全体は7日から14日続き、治癒します。3歳までに発症しなくても、約2~3割程度の子供は体調を崩すと自然性発生してしまいます。風邪や病気など免疫力と抵抗力の低い時に発症する事がある口内炎です。

■お口の中が清潔でないことが原因
お菓子やご飯の食べかすが口の中に溜まったままになっていると、食べかすが傷みだし、歯茎が腫れます。特に寝ている間は細菌が活発化しやすいので、風邪など具合が悪い場合でも歯磨きをするように心がけましょう。

歯茎にできる口内炎は普通の口内炎よりも痛みがあります。また、放っておくと、痛みなどが長引き、大事な子供の歯を支える歯茎がとても弱ってしまいます。子供の歯茎に口内炎ができた場合は高熱を出していないか、広範囲にただれていないかを確認しましょう。

うがいができなくても歯磨き粉が使えるって本当?

子供の歯茎の口内炎は何科の病院に行けばいい?

子供の歯茎にできた口内炎は原因によって何科の病院に行くかを決めましょう。先ほどの3つの原因(アレルギー・ヘルペス性歯肉口内炎・お口の中が清潔でないこと)の中でどれに当てはまりましたか?原因の見分け方をもう一度確認しましょう。

■広範囲にただれている場合
広範囲にわたってただれていたり、腫れている場合はアレルギーが原因の可能性が高くなります。小児科またはアレルギー科へ子供を連れて行き、何が原因でアレルギーを引き起こしているか調べてもらいましょう。もし、歯の詰め物が原因でアレルギー反応がでていた場合は、歯医者さんで他のアレルギーを起こさない材料に取り替えてもらいます。

■39度に近い高熱を出している場合
高熱を出している場合はヘルペス性歯肉口内炎が原因の可能性があります。小児科で受診しましょう。喉も痛いならヘルパンギーナや手足口病の可能性もあります。

■歯磨きをきちんとしていない場合
お口の中が清潔でないことが原因であることが多くなります。しばらくは口内を清潔に保つよう、歯磨きをした後に、うがい薬でうがいなどをしましょう。それでもなかなか口内炎が直る兆しがない場合は歯医者へ行きましょう。

どの場合も、口内炎ができてしまったら、まずは小児科に行き症状を診てもらうのがよいでしょう。

子供の口内炎の治し方

口内炎は大きく分けて3つの種類に分かれます。カタル性口内炎ウイルス性口内炎アフタ性口内炎です。
それぞれ、なにが原因でできてしまうのかも、治し方も異なってきます。

■カタル性口内炎
カタル性口内炎とは、口内の傷などから細菌が入り込み、感染している状態です。多くの場合はうがいなどをして口の中を清潔に保ち、自然治癒を待ちます。早く治したい場合は口内炎に貼ったり塗ったりできるタイプの薬や、ハチミツや梅干しを口内炎に同様に塗ったり貼ったりすると良いでしょう。

■ウイルス性口内炎
病的なものが原因の口内炎です。治すには病院に行き、薬をもらわないといけないことが多くなります。

■アフタ性口内炎
免疫力の低下やビタミン不足などが原因となっている状態です。胃に優しい食事を取ったり、水分補給や睡眠をしっかりととりましょう。

基本的には規則正しくバランスのとれた食事を心がければ、何日間かで自然治癒します。もし口内炎が長引くようであれば、ウイルス性の可能性もあります。熱などを伴っていないか、口以外にも発疹ができていないか確認し、子供を小児科へ連れて行くとよいでしょう。

まとめ

歯茎に口内炎ができてしまったら、病院へ行くようにしましょう。そして原因や症状を確認して、自宅で治すようにしましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

赤ちゃんや子供の歯磨きに関する悩みを解決!|こどもはみがき研究所の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

赤ちゃんや子供の歯磨きに関する悩みを解決!|こどもはみがき研究所の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

こどもはみがき研究所運営事務局

この人が書いた記事  記事一覧

  • 天才!志村どうぶつ園で相葉雅紀くんも絶句!ペットの歯周病を放置すると恐ろしいことに…

  • 天才!志村どうぶつ園で相葉雅紀くんも絶句!ペットの歯周病を放置すると恐ろしいことに…

  • 娘が大の歯磨き嫌いを1日で克服!虫歯予防ができるママタレ愛用のスーパー○○が話題!

  • 娘が大の歯磨き嫌いを1日で克服!虫歯予防ができるママタレ愛用のスーパー○○が話題!

関連記事

  • ブリス菌(BLIS M18)って何?危険なの?歯磨きの効果は本当にある?徹底解説!

  • 子供が発熱したら注意!ヘルペスの症状と原因と対策

  • 虫歯菌で発熱?!頭痛や病気の併発も!全身に起こる虫歯の脅威

  • 娘が大の歯磨き嫌いを1日で克服!虫歯予防ができるママタレ愛用のスーパー○○が話題!

  • 赤ちゃんの歯ぎしりは心配しなくても大丈夫!3つの傾向

  • 子供の口内炎の原因はできる場所といつできたかでわかる!